- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト札幌

スタッフによるコーティングうんちく

リボルト札幌の施工スタッフが下地処理(磨き)、コーティング、洗車など、気になったことを気まぐれに綴っていきます。

  • 圧倒的な膜厚!『リボルト・プロ』

    リボルト・プロの特徴の一つでもあるガラス被膜は、 3~4μmという圧倒的な膜厚を確保しております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増しボディ塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たします。 施工前の膜厚計による測定値は「99μm」(下地処理前)...

     続きを読む
  • カーボンヒーターの紹介

    「リボルト札幌」では、高出力最新型カーボンヒーターを導入いたしまして、確実にガラス被膜を硬化しております。 ガラスコーティングは、施工後にガラス被膜を乾燥させて被膜層を安定・硬化させる必要があります。 その点が、ポリマーコーティングやフッ素系の簡易コーティ...

     続きを読む
  • ディーラーで勧められるコーティングについて。

    「自動車ディーラーなどで勧められるコーティングって実際のところどうなの?」と、よくわからずにモヤモヤしている方も多いことと思います。 そこで、これまでサラリーマン時代に20台以上の自動車を乗り替え多くのディーラーとお付き合いをさせてもらい、前職ディーラー直...

     続きを読む
  • コーティングについて

    新車でも下地処理は行います。ただ、あくまでも新車時の塗装の膜厚を考慮し、いたずらに磨きすぎることはいたしません。塗装の膜厚を十分に確保しながらの施工となります。 下地処理後、完全ガラス被膜+ガラス繊維素によるデュアルプロテクションコーティングを行いました。...

     続きを読む
  • 安かろうそれなり?

    先日、ネットサーフィンをしていたのですが、車の情報サイトの掲示板にて、あるコーティングショップについての施工の批判的な書き込みが多数ありました。 私は自身自分を戒める事も含めて、いつも思っていることに、下地処理(磨き)とコーティングは、適当に出来る事では無...

     続きを読む
  • 新車の塗装のボケって?

    納車間もないお車でしたが、新車特有の塗装ボケがこのお車でもありました。よく、お客様からのお問い合わせで、「新車でも磨くのですか?」と聞かれることがあります。確かに、新車ですから塗装の状態は良いはずです。良いはずなのですが・・・・・・ お車が工場ラインから直...

     続きを読む
  • 日産スクラッチシールドの施工について

    日産ティアナのご入庫です こちらのお車は日産のスクラッチシールドです 「???」という方はこちらをご覧いただければと思います。 【日産スクラッチシールド】 解説によると・・・ 「装表面にキズがつきにくく、ある程度の擦りキズが生じた場合も、時間の経過とともに...

     続きを読む
  • たばこは吸いません

    私はタバコを吸いません。 スタッフ全員もタバコを吸いません。 まぁ、健康に悪いということももちろんあるのですが、一番の理由はお客様のお車への施工クオリティを下げないためです。 この車の業界において、喫煙される方は非常に多いです。ディーラーの営業さん、メカニ...

     続きを読む